赤松則英(読み)あかまつ のりひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松則英 あかまつ-のりひで

?-1600 織豊時代の武将。
慶長3年父の赤松則房(のりふさ)(則房と則英は同一人物とも,養父子とも)の跡をつぎ,阿波(あわ)(徳島県)住吉1万石を領有。関ケ原の戦いでは西軍に属し,石田三成の居城近江(おうみ)(滋賀県)佐和山城に籠城(ろうじょう),落城後の慶長5年10月1日京都で自害したという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android