コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松則英 あかまつ のりひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松則英 あかまつ-のりひで

?-1600 織豊時代の武将。
慶長3年父の赤松則房(のりふさ)(則房と則英は同一人物とも,養父子とも)の跡をつぎ,阿波(あわ)(徳島県)住吉1万石を領有。関ケ原の戦いでは西軍に属し,石田三成の居城近江(おうみ)(滋賀県)佐和山城に籠城(ろうじょう),落城後の慶長5年10月1日京都で自害したという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

赤松則英の関連キーワードジェレミー ウォリナーマイケル ジョンソンアンジェロ テイラー佐渡国ラショーン メリット0 SIM陸上リレール・ナン[兄弟]石田正澄大谷吉継

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android