コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松則房 あかまつ のりふさ

1件 の用語解説(赤松則房の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松則房 あかまつ-のりふさ

?-1598 織豊時代の武将。
赤松義祐(よしすけ)の子。豊臣秀吉に属して,賤ケ岳(しずがたけ)の戦い,小牧・長久手の戦い,四国攻めにしたがい,天正(てんしょう)13年(1585)阿波(あわ)(徳島県)住吉(すみよし)に1万石をあたえられる。朝鮮出兵では肥前名護屋(佐賀県)に出陣した。慶長3年7月17日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

赤松則房の関連キーワード織豊時代赤松則英赤松晴政赤松義祐(1)赤松義祐(2)有馬持家大関清増佐知景則関根輝政二本松義綱

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone