コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐和山城 さわやまじょう

日本の城がわかる事典の解説

さわやまじょう【佐和山城】

滋賀県彦根市にあった山城(やまじろ)。現在のJR彦根駅近くの佐和山に築かれていた城で、16世紀末の石田三成の居城として有名である。鎌倉時代に、佐保時綱(近江国守護の佐々木定綱六男)が築いた城砦が佐和山城の起源といわれている。戦国時代に入ると、佐々木氏嫡流の六角氏の属城となったが、江北(北近江)における六角氏勢力が弱まると、江北で勢力を伸ばしていた新興勢力の浅井氏に属する城となった。元亀年間(1570~72年)に入り、織田信長と浅井長政が敵対すると、佐和山城の城主の磯野員昌は織田勢と激戦を繰り広げたが、員昌は1571年(元亀2)に織田氏に降伏し、織田氏家臣の丹羽長秀が入城、浅井氏滅亡後は北近江六郡と若狭国支配の拠点となった。1582年(天正10)の本能寺の変の後に行われた清洲会議で、佐和山城は明智光秀討伐に功があった堀秀政に与えられ、秀政が1585年(天正13)に越後の春日山城(新潟県上越市)に転封になると、代わって堀尾吉晴が入城し、1590年(天正18)に豊臣政権の五奉行の一人である石田三成が入城した(ただし、三成の入城年には諸説あり)。三成は荒廃が進行していた佐和山城の整備に着手し、5層(3層とする説もある)の天守を持った城に変えた。1600年(慶長5)の関ヶ原の戦いでは、三成率いる西軍(豊臣方)を破った徳川家康は、小早川秀秋軍を先鋒とする佐和山城の攻略軍を差し向けた。城主の三成が不在で兵力の大半を関ヶ原で失った佐和山城は2800人が健闘したが、城内から裏切りが出て落城し、三成の父正継や三成の妻などが戦死あるいは自害した。関ヶ原の戦いの後、徳川四天王の一人の井伊直政が入封した。直政は、三成を慕う佐和山城下の人々が多いことから、新たに彦根城(同市)の築城を計画した。しかし直政は1602年(慶長7)に関ヶ原での戦傷を悪化させて死去したことから、嫡子の直継が新城の築城を引き継いだ。家康の命令による天下普請によって、大津城・佐和山城・小谷城・観音寺城などの資材を利用して彦根城が建設された。このように、佐和山城は彦根城の築城に際して、解体して資材として使われ、そのほかのものは徹底的に破壊されたこともあり、石垣、土塁、堀、曲輪(くるわ)などの一部を除いて、その遺構はほとんど現存していない。JR東海道本線(琵琶湖線)・近江鉄道本線彦根駅から徒歩約10分(登城口まで)。

出典 講談社日本の城がわかる事典について 情報

世界大百科事典内の佐和山城の言及

【彦根城】より

…琵琶湖東岸の要衝である彦根は,石田三成の築いた佐和山城があったが,関ヶ原の戦(1600)後,徳川譜代大名の筆頭井伊氏がこの地に京都・大坂への抑えとして封じられ,佐和山西方に位置を移して築城された。比高50mの山上に本丸,西の丸,鐘の丸,山下に御殿,二の丸を配し,水堀は琵琶湖に通じていた。…

※「佐和山城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

佐和山城の関連キーワード滋賀県彦根市古沢町西明寺(滋賀県)彦根(市)石田三成妻滋賀(県)佐和山藩井伊直政堀尾吉晴大谷吉継岡本半介彦坂元正石川康通井伊直勝妻木頼忠石田正澄丹羽長秀石田三成磯野員昌脇坂安元赤松則英

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐和山城の関連情報