コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松持貞 あかまつ もちさだ

2件 の用語解説(赤松持貞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松持貞 あかまつ-もちさだ

?-1427 室町時代の武将。
赤松貞範(さだのり)の孫。4代将軍足利義持(よしもち)に近習としてつかえる。赤松満祐(みつすけ)が義持に反抗し播磨(はりま)(兵庫県)ににげたのは持貞の讒言(ざんげん)によると諸大名にうったえられ,応永34年11月13日自害した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

赤松持貞

没年:応永34.11.13(1427.12.1)
生年:生年不詳
室町時代の武将。赤松氏の庶流春日部家の出身,顕則(頼則ともいう)の子。越後守。将軍足利義持の近習として活躍し信任が厚かった。応永31(1424)年3月,伏見宮家菩提寺大光明寺境内で,花見に訪れた持貞の妻女一行が禁制を破って飲酒のうえ花枝を折ったという一件は,当時の彼の傲慢ぶりを伝えている。同34年9月,赤松氏惣領の義則が没すると,義持は嫡子満祐が播磨守護職を継ぐことを認めず,これを持貞に与えようとした。満祐は安堵を求めたが許されず京都の自邸を焼いて播磨に下向,義持が諸大名に満祐追討を命じるという危機に発展した。ところが11月,ひとりの遁世者が義持に,持貞の女犯を列挙した書状をもって直訴におよぶという事件が起きた。しかもそのなかには義持の侍女も含まれており,こうした風紀の乱れをひどく嫌う義持は激怒,三宝院満済らの嘆願もむなしく持貞は切腹を命じられ,家臣十数人と共に自害した。こののち,ほどなくして細川持賢の仲介により満祐は義持と和解,父の任国であった播磨・備前・美作3国の守護職を安堵された。この事件は守護の強大化を抑えようとする将軍の意向や,家督を巡る守護惣領家と庶流の対立を背景に起きたもので,嘉吉の乱の予兆となった。また寵臣が1通の訴状によってたちまち死罪に処せられるという,足利将軍専制化の一端を示す事件でもあった。

(榎原雅治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤松持貞の関連キーワード赤松貞村春日部市春日部赤松貞範赤松祐則赤松義祐(1)春日部重行桂能明小寺職治志賀義天

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone