コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松貞範 あかまつ さだのり

1件 の用語解説(赤松貞範の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松貞範 あかまつ-さだのり

?-1374 南北朝時代の武将。
赤松則村(のりむら)の次男。赤松春日部(かすかべ)家の祖。建武(けんむ)2年足利尊氏にしたがい,鎌倉で北条時行を討つ。ついで箱根竹下(たけのした)で新田義貞(よしさだ)をむかえ討ちやぶる。のち美作(みまさか)(岡山県)守護となる。応安7=文中3年死去。通称は雅楽助(うたのすけ)。法名は世貞(せいてい)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

赤松貞範の関連キーワード小島法師小島法師中小企業再生支援協議会倪瓚高啓小島法師万福寺李花集観阿弥太平記

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone