コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松貞範 あかまつ さだのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松貞範 あかまつ-さだのり

?-1374 南北朝時代の武将。
赤松則村(のりむら)の次男。赤松春日部(かすかべ)家の祖。建武(けんむ)2年足利尊氏にしたがい,鎌倉で北条時行を討つ。ついで箱根竹下(たけのした)で新田義貞(よしさだ)をむかえ討ちやぶる。のち美作(みまさか)(岡山県)守護となる。応安7=文中3年死去。通称は雅楽助(うたのすけ)。法名は世貞(せいてい)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

赤松貞範の関連キーワード南北朝時代赤松持貞赤松貞村姫路城跡赤松則村黒井城姫路城