コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松義則 アカマツヨシノリ

4件 の用語解説(赤松義則の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あかまつ‐よしのり【赤松義則】

[1358~1427]南北朝・室町初期の武将。則祐の子。明徳の乱で山名氏追討に戦功をあげ、旧領美作(みまさか)を回復、播磨・備前と合わせて三国の守護職を兼ねた。また、侍所の所司となって四職(ししき)の一つとなった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松義則 あかまつ-よしのり

1358-1427 南北朝-室町時代の武将。
延文3=正平(しょうへい)13年生まれ。赤松則祐(のりすけ)の長男。父の死後,応安4=建徳2年赤松惣領職(そうりょうしき),播磨(はりま)(兵庫県),備前(岡山県)の守護職をつぐ。嘉慶(かきょう)2=元中5年侍所の所司となり,四職家のひとつになった。明徳の乱で山名氏追討の幕府軍にくわわって戦功をあげ,美作(みまさか)(岡山県)守護となる。応永34年9月21日死去。70歳。法名は性松。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

赤松義則

没年:応永34.9.21(1427.10.11)
生年:延文3/正平13(1358)
南北朝・室町時代の武将。則祐と佐々木導誉の娘の子。播磨,備前,美作守護。蔵人左近将監,兵部少輔,上総介,大膳大夫を歴任。応安4/建徳2(1371)年,父の死により播磨,備前守護を受け継ぐ。一時,摂津有馬郡守護をも兼ねる。山名氏清が幕府に反した明徳2/元中8(1391)年の明徳の乱では一族,家臣を率いて山名氏追討に当たり,弟満則を失ったものの乱後,山名義理の美作守護職を与えられた。また明徳1年以後3度にわたって侍所頭人に任ぜられ,幕閣でも重きをなした。義則の活躍期間は室町幕府の最も安定した時期と重なり,赤松氏の領国支配も総じて安泰であった。また小河氏ら国衙在庁系国人の被官化,奉行人制度の整備など領国支配機構が強化され,一揆の鎮圧や刑事裁判などを通じて荘園内部に守護の力が浸透するようになったのもこの時期であった。

(榎原雅治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あかまつよしのり【赤松義則】

1358~1427) 室町前期の武将。明徳の乱の功により旧領美作みまさかを回復し、美作・播磨・備前三国の守護職を兼ねる。また、四職家の一となる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤松義則の関連キーワード佐々木流赤松義祐(1)朽木氏秀佐々木貞清佐々木高信佐々木仲親佐々木義清佐々木善住佐々木頼信長瀬泰貞

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone