コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松義則 アカマツヨシノリ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松義則 あかまつ-よしのり

1358-1427 南北朝-室町時代の武将。
延文3=正平(しょうへい)13年生まれ。赤松則祐(のりすけ)の長男。父の死後,応安4=建徳2年赤松惣領職(そうりょうしき),播磨(はりま)(兵庫県),備前(岡山県)の守護職をつぐ。嘉慶(かきょう)2=元中5年侍所の所司となり,四職家のひとつになった。明徳の乱で山名氏追討の幕府軍にくわわって戦功をあげ,美作(みまさか)(岡山県)守護となる。応永34年9月21日死去。70歳。法名は性松。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

赤松義則

没年:応永34.9.21(1427.10.11)
生年:延文3/正平13(1358)
南北朝・室町時代の武将。則祐と佐々木導誉の娘の子。播磨,備前,美作守護。蔵人左近将監,兵部少輔,上総介,大膳大夫を歴任。応安4/建徳2(1371)年,父の死により播磨,備前守護を受け継ぐ。一時,摂津有馬郡守護をも兼ねる。山名氏清が幕府に反した明徳2/元中8(1391)年の明徳の乱では一族,家臣を率いて山名氏追討に当たり,弟満則を失ったものの乱後,山名義理の美作守護職を与えられた。また明徳1年以後3度にわたって侍所頭人に任ぜられ,幕閣でも重きをなした。義則の活躍期間は室町幕府の最も安定した時期と重なり,赤松氏の領国支配も総じて安泰であった。また小河氏ら国衙在庁系国人の被官化,奉行人制度の整備など領国支配機構が強化され,一揆の鎮圧や刑事裁判などを通じて荘園内部に守護の力が浸透するようになったのもこの時期であった。

(榎原雅治)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

あかまつよしのり【赤松義則】

1358~1427) 室町前期の武将。明徳の乱の功により旧領美作みまさかを回復し、美作・播磨・備前三国の守護職を兼ねる。また、四職家の一となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

赤松義則の関連キーワード総持寺(和歌山県)赤松則尚赤松則繁赤松満祐

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android