コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松蘭室 あかまつ らんしつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松蘭室 あかまつ-らんしつ

1743-1797 江戸時代中期-後期の儒者。
寛保(かんぽう)3年生まれ。赤松滄洲(そうしゅう)の子。父の跡をついで播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩につかえる。藩校博文館の教授となり,督学をかねる。勘定方の取締として藩財政の確立につくした。寛政9年3月26日死去。55歳。名は勲。字(あざな)は大業。通称は太郎兵衛。著作に「赤城風雅」「赤城文献志」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

赤松蘭室の関連キーワード船曳西河寛保

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android