コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松陶浜(初代) あかまつ とうひん

1件 の用語解説(赤松陶浜(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松陶浜(初代) あかまつ-とうひん

1810-1868 江戸時代後期の陶工。
文化7年生まれ。赤松真(まこと)の子。讃岐(さぬき)高松の人。「陶浜」「虞」の印をおした茶陶は陶浜焼とよばれた。子の喜平が2代陶浜となり八(屋)島焼をつくった。慶応4年8月22日死去。59歳。名は虞。字(あざな)は農夫。通称は猪太郎。別号に陶涯。屋号は房崎屋。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

赤松陶浜(初代)の関連キーワード戊辰戦争神谷源内植村文楽軒早竹虎吉(初代)明治東京(都)菅野八郎榊原勘解由玉松操水野忠徳

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone