赤水母(読み)アカクラゲ

  • 赤水=母
  • 赤水母 (アカクラゲ)

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

学名:Dactylometra pacifica
動物。オキクラゲ科のクラゲ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 オキクラゲ科の腔腸(こうちょう)動物。本州、沖縄の沿岸に早春から初夏にかけて出現する。全体に赤褐色を帯び、かさは直径九~一二センチメートルの半球状で、表面には一六本の濃褐色の太い筋が放射状に並ぶ。口腕(こうわん)は四個で長く、かさの縁には四〇~五六本の長い糸状の触手がある。触手には劇毒をもった刺細胞があり、これで獲物を麻痺させる。昔、真田幸村が、この刺毒を用いて徳川勢を悩ませたということからサナダクラゲと呼ばれ、また、瀬戸内海ではアカンコと称し、釣りの餌に用いる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android