コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤湯温泉 あかゆおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤湯温泉
あかゆおんせん

山形県南部米沢盆地の北東,南陽市にある温泉。空海の託宣により,米野与惣右衛門が発見したと伝えられる。上杉家の屋敷もおかれていた。烏帽子山麓の凝灰岩層の間から湧出。泉質は食塩泉で,無色透明。泉温 56~68℃。赤湯の名はかつて付近の土壌が溶けて赤色をしていたことに由来。リウマチ,神経痛などにきくとされている。一帯はブドウの産地。山形新幹線,JR奥羽本線が通り,観光客,湯治客が集る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

あかゆおんせん【赤湯温泉】

山形県南部、南陽市の赤湯町にある温泉。食塩泉。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔山形県〕赤湯温泉(あかゆおんせん)


山形県南陽(なんよう)市にある行楽向きの温泉。米沢(よねざわ)盆地北端近くの田園地帯にわく。付近にはブドウ・サクランボの観光果樹園がある。北東1.5kmの白竜(はくりゅう)湖では湿生植物群落がみられる。含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉。泉温66℃。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

赤湯温泉の関連キーワード日本のおもな郷土料理石焼き唐辛子山形県南陽市観光果樹園湯沢(町)南陽(市)南陽[市]東鳴子温泉清津川白竜

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤湯温泉の関連情報