コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結城豊太郎 ゆうきとよたろう

6件 の用語解説(結城豊太郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

結城豊太郎
ゆうきとよたろう

[生]1877.5.24. 山形
[没]1951.8.1. 東京
銀行家,財政家。 1903年東京帝国大学卒業後,日本銀行に入社。 06年大阪支店調査役,18年大阪支店長。当時は第1次世界大戦後の好況の反動で企業は危機に瀕し,彼はその救済や整理にあたり一躍認められた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゆうき‐とよたろう〔ゆふきとよタラウ〕【結城豊太郎】

[1877~1951]銀行家。山形の生まれ。日本銀行の理事から安田財閥の指導者に転身し、同財閥の改革に尽力。その後、日本興業銀行総裁・大蔵大臣日本銀行総裁を歴任した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

結城豊太郎【ゆうきとよたろう】

財政家。山形県出身。東大卒。日本銀行に入り第1次大戦後の恐慌期に手腕をふるった。1921年安田保善社に入社,1930年日本興業銀行総裁となり積極的貸付で業績をあげた。
→関連項目林銑十郎内閣

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

結城豊太郎 ゆうき-とよたろう

1877-1951 大正-昭和時代の財政家。
明治10年5月24日生まれ。藤山愛一郎は娘婿。日本銀行大阪支店長などをへて,大正10年安田保善社専務理事,安田銀行(のちの富士銀行)副頭取となる。昭和5年日本興業銀行総裁。12年2月林銑十郎(せんじゅうろう)内閣の蔵相。同年7月から19年まで日銀総裁をつとめ,戦時金融を指導した。昭和26年8月1日死去。74歳。山形県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうきとよたろう【結城豊太郎】

1877‐1951(明治10‐昭和26)
金融・財政家。山形県出身。東京大学法科を卒業し日本銀行に入ったが,高橋是清らの推薦で1921年から安田財閥の番頭役となり,安田保善社専務理事として活躍した。30年に日本興業銀行総裁に就任,37年には日本商工会議所会頭,貴族院議員になり,同年林銑十郎内閣の蔵相として入閣した。〈軍財抱合〉を唱え,前任の馬場鍈一蔵相の大増税予算案を手直しして軍部と財界の調整をはかり,池田成彬日銀総裁とともに戦時財政金融の運営をはかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

結城豊太郎
ゆうきとよたろう
(1877―1952)

銀行家、財政家。山形県赤湯町(現、南陽市)生まれ。1903年(明治36)東京帝国大学法科大学を卒業、日本銀行に入った。京都、名古屋各支店長を経て、1918年(大正7)大阪支店長となり翌1919年同支店長兼理事に就任、第一次世界大戦後の反動恐慌時、大阪財界の救済に敏腕を振るった。1921年安田保善社専務理事および安田銀行副頭取に就任し、1923年安田関係11銀行の大合同を実現させた。また安田財閥の近代化を断行した。とくに学卒者の採用を制度化し、大量の人材吸収に努めた功績は大きい。しかし1929年(昭和4)安田を去った。翌1930年日本興業銀行(現みずほ銀行みずほコーポレート銀行)総裁となり、以後、積極的な事業貸付で同行の地位を強化した。1937年林銑十郎(せんじゅうろう)内閣の大蔵大臣に就任、同年同内閣総辞職後、日本銀行総裁となり1944年(昭和19)まで戦時金融の中核として活躍した。[小早川洋一]
『結城豊太郎先生寿像保存会編・刊『臨雲先生と我が郷土』(1952) ▽吉野俊彦著『歴代日本銀行総裁論』(1957・ダイヤモンド社) ▽安田保善社とその関係事業史編修委員会編・刊『安田保善社とその関係事業史』(1974) ▽八木慶和著『日本銀行総裁結城豊太郎――書簡にみるその半生』(2007・学術出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の結城豊太郎の言及

【安田財閥】より

… 同族資産の分散を防ぐために安田善次郎が1887年に創立した保善社は,1912年には合名会社保善社に改組,持株会社を頂点とするコンツェルンの形態が整った(1925年安田保善社と改称)。21年に善次郎が暗殺されると,2代目善次郎(初代の長男)を補助するために,日本銀行理事結城豊太郎が保善社専務理事に起用された。結城は安田系11銀行の大合同(1923)や,大学卒の大量採用など〈結城の改革〉と呼ばれる安田財閥近代化策を推進した。…

※「結城豊太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

結城豊太郎の関連キーワード和田垣謙三大宮法科大学院大学山形大学山形県立保健医療大学財政家法科山形県立米沢栄養大学山形県山形市旅篭町山形県山形市緑町宮崎道三郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone