コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白竜湖 はくりゅうこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白竜湖
はくりゅうこ

山形県南東部,米沢盆地の北部にある湖。面積 1.08km2。周囲 3.48km。南陽市に属し,市の南西部の赤湯にある。水深は 2m以下。米沢盆地が湖沼であった時代の名残りともいわれている。湖畔約 10km2は大谷地といわれる泥炭層の湿田地帯で,かつてはミズバショウツルコケモモミツガシワ,ササバモなどの植物も見ることができた。 69年以降水田地帯の基盤整備事業が進められ,湿田の乾田化が進行し,植物相に変化が生じている。近くを JR奥羽本線,国道 13号線が通る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白竜湖
はくりゅうこ

山形県東南部、南陽市赤湯(あかゆ)温泉の北東にある湖沼。米沢(よねざわ)盆地の残存湖といわれる。面積7.1ヘクタール、周囲1.5キロメートル、水深1.7メートルの富栄養湖でフナの釣り場となる。周辺一帯は低湿な泥炭地で大谷地(おおやち)とよばれ、米沢藩時代から排水工事が行われてきたが、現在は土地改良事業も進み水田耕作も安定した。周辺の泥炭形成植物群落は県の天然記念物。県立県南自然公園の一部。[中川 重]
『『白竜湖』(1975・白竜湖研究会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

白竜湖の関連キーワード広島県三原市大和町和木県南県立自然公園山形県南陽市赤湯河内(広島県)大和(広島県)広島県三原市山形県南陽市南陽[市]南陽(市)尾崎健夫大谷地泥炭層大和赤湯

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白竜湖の関連情報