赤県(読み)セキケン

デジタル大辞泉の解説

せき‐けん【赤県】

《中国で、唐代に中央から近い県を赤といったところから》王城の地。京都、または、その周辺。
「―のうち、白河のほとり、六勝寺皆やぶれくづる」〈平家・一二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せきけん【赤県】

〔中国唐代に、都を県の七等級の第一として「赤県」と称したことから〕
都。畿内。 「 -のうち、白河のほとり、六勝寺皆やぶれくづる/平家 12

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せき‐けん【赤県】

[1] 〘名〙
① 中国で、都に近い県。王城付近の県。畿内(きない)の県。
② 日本で、都に近い所。帝都の地。京都、またはその周辺をさす。
※凌雲集(814)九月九日侍宴神泉苑各賦一物得秋山「三山漂眇滄瀛外、五嶽嵯峨赤県中」
[2] 中国本土の異称。赤県神州。
※続日本紀‐養老三年(719)一一月乙卯「道慈法師、遠渉蒼波、覈異聞於絶境、遐遊赤県、研妙機於秘記」 〔鮑照‐松柏篇〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤県の関連情報