コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤谷 あかたに

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤谷
あかたに

新潟県新発田(しばた)市の一地区。加治(かじ)川上流の旧鉱山・宿場町。鎌倉時代は越後(えちご)国(新潟県)の豪族城(じょう)氏の居城のあった所で、近世は新発田藩の参勤交代路として利用された会津街道の宿場町として栄えた。明治時代には赤谷鉄山が活気を帯び、1941年(昭和16)以来、日鉄鉱業赤谷鉱業所の経営で、鉄、亜鉛、鉛鉱山として栄えた。新発田駅から国鉄赤谷線も敷設されたが、1968年(昭和43)廃鉱後はさびれ、赤谷線も1984年3月廃線となった。加治川上流には内の倉(うちのくら)、加治川ダムもでき、飯豊(いいで)連峰への登山口として、観光地に変わっている。[山崎久雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤谷の関連情報