コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤道前線 セキドウゼンセン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤道前線
せきどうぜんせん

熱帯収束帯」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤道前線
せきどうぜんせん

南北両半球の熱帯気団の境界で、北半球の北東貿易風と南半球からの南東貿易風が収束している地帯のこと。熱帯低気圧(台風)はここで発生することが多い。熱帯前線も同じ意味で使われる。二つの気団は発源地が異なった気団ではあるが、性質の違いがほとんどないため前線本来の性質はもっていないことが多い。そこで最近は熱帯内収束帯とよばれることが多くなっている。[饒村 曜]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の赤道前線の言及

【熱帯収束帯】より

…略称ITCZ。赤道収束帯,赤道前線,熱帯前線,モンスーン・トラフなどの別名がある。日々の変動は大きいが,平均的にみると東西にほぼ連続して(大陸上では不明瞭になりがち)地球をとりまいている。…

※「赤道前線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

赤道前線の関連キーワードハブーブ気候

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android