コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

起振機 きしんき exciter

翻訳|exciter

1件 の用語解説(起振機の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きしんき【起振機 exciter】

時間とともに正弦波形で変化する力を加えて構造物に強制振動を起こさせる装置。構造物を台の上にのせて振動させる振動台vibration tableとは異なる。ピストン運動によって外から構造物に力を加えるものと,構造物そのものに取り付け,遠心力を利用して力を加えるものに大別できる。加える力の大きさと振動数が制御できるようになっているので,起振力の振動数(周期)を系統的に変化させて構造物各部に発生する振動変位を測定すれば,構造物の共振振動数(固有振動数),そのときの揺れの形と減衰量が求められる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

起振機の関連キーワード高調波正弦曲線正弦波力積非定常流緩和弾性率シュレーディンガー表示ハイゼンベルク表示ファンケル効果フィックの拡散の第二法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone