起振機(読み)きしんき(英語表記)exciter

翻訳|exciter

世界大百科事典 第2版の解説

きしんき【起振機 exciter】

時間とともに正弦波で変化する力を加えて構造物に強制振動を起こさせる装置。構造物をの上にのせて振動させる振動台vibration tableとは異なる。ピストン運動によって外から構造物に力を加えるものと,構造物そのものに取り付け,遠心力を利用して力を加えるものに大別できる。加える力の大きさと振動数が制御できるようになっているので,起振力の振動数(周期)を系統的に変化させて構造物各部に発生する振動変位を測定すれば,構造物の共振振動数(固有振動数),そのときの揺れの形と減衰量が求められる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android