超群(読み)チョウグン

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐ぐん〔テウ‐〕【超群】

群を抜いてすぐれていること。「超群の技量」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ちょうぐん【超群】

広島の日本酒。酒名は、連山の中でひときわそびえる富士山のように、鶏の中の1羽の鶴のように酒造界に秀でることを願って命名。大吟醸酒、純米吟醸酒純米酒本醸造酒、普通酒をそろえる。平成17年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は八反錦など。仕込み水は帝釈台地伏流水。蔵元の「生熊酒造」は慶応元年(1865)創業。所在地は庄原市東城町東城。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょう‐ぐん テウ‥【超群】

〘名〙 群をぬいてすぐれていること。〔布令字弁(1868‐72)〕 〔淮南子‐繆称訓〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

超群の関連情報