コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越津(こしづ)ねぎ

2件 の用語解説(越津(こしづ)ねぎの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

越津(こしづ)ねぎ

愛知県一宮市、稲沢市で生産されるネギ。江戸時代に越津村(現、津島市)で栽培が始まったとされる。すき焼など加熱食に向く。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

越津ねぎ

江戸時代の地誌「尾張名所図会」に「名産慈葱(ねぶか)」「越津根ぶか」と紹介される。9月上旬に種をまき、翌年の5月ごろまでに苗を仮植えした後、8月に本定植する。約30センチの白い部分をつくるため、9月ごろ盛り土をして丹念に栽培し、11~3月に収穫する。毎月第2、4土曜午前8時~9時、「朝市かもり」(津島市神守町、JA海部東神守支店)などで販売している。

(2016-02-12 朝日新聞 朝刊 名古屋・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

越津(こしづ)ねぎの関連キーワード愛知県一宮市浅野愛知県一宮市泉愛知県一宮市一宮愛知県一宮市起愛知県一宮市栄愛知県一宮市桜愛知県一宮市冨田愛知県一宮市丹羽愛知県一宮市野口愛知県一宮市緑

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone