コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一宮市 いちのみや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一宮〔市〕
いちのみや

愛知県北西部,濃尾平野中央部にある市。木曾川の左岸に位置し,北と西で岐阜県に接する。 1921年市制。 1940年葉栗村,西成村の2村,1955年浅井町,奥町,萩原町,大和町の4町,丹陽村,北方村,千秋村の3村,今伊勢町の一部をそれぞれ編入。 2005年には尾西市と木曽川町を編入した。市名は尾張国の一ノ宮真清田 (ますみだ) 神社があったことに由来。神社の門前町を中心に市場町として発展。江戸時代には岐阜街道の宿駅となり,綿織物の定期市でにぎわった。起 (おこし) は美濃街道の宿場町。明治末期に毛織物業に転換。 1889年東海道本線の開通に伴い一躍機業の中心となった。現在でも毛織物工業が主体であるが,このほか綿,化繊織物の生産,縫製団地での既製服製造も行なわれている。農村部は木曾川中流の自然堤防地帯にあり,尾張園芸地帯の一部をなす。浮野には大規模な集団養鶏場もある。市内には,多くの文化財を有する古刹妙興寺,国指定史跡の富田一里塚,名勝・天然記念物の木曾川堤のサクラがある。 JR東海道本線,名古屋鉄道名古屋本線,尾西線が市の中心部で交差。名神高速道路東海北陸自動車道インターチェンジがあるほか,国道 22号線,155号線が通る。面積 113.82km2。人口 38万868(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いちのみや‐し【一宮市】

一宮

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

一宮市の関連情報