コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足偏 アシヘン

4件 の用語解説(足偏の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あし‐へん【足偏】

漢字の偏の一。「路」「跡」などの「⻊」の称。あとへん。

あと‐へん【足偏】

あしへん
《「跡」が足偏であるところから》
㋐あとの祭り。手遅れ。
「残暑の桃湯(=アセモヲ防グ湯)―なるべし」〈滑・浮世風呂・二〉
㋑以前。過去。
「昔はものを思はざりけり。せんぐりせんぐり―が恋しうなる」〈鳩翁道話・二〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あしへん【足偏】

漢字の偏の一。「距」「跡」などの「足」の部分。あとへん。

あとへん【足偏】

足偏あしへん 」に同じ。
〔「跡あと」の字が足偏であることから〕
事のすんだあと。手遅れ。 「何いうても-では返らぬ/浄瑠璃・天の網島
以前。過去。 「せんぐり〱-が恋しうなる/鳩翁道話」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

足偏の関連キーワード力の平行四辺形石偏牛偏機変四辺紙片詩片詩編・詩篇虫偏詩編

足偏の関連情報