コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足偏 アシヘン

デジタル大辞泉の解説

あし‐へん【足偏】

漢字のの一。「」「」などの「⻊」の称。あとへん。

あと‐へん【足偏】

あしへん
《「跡」が足偏であるところから》
㋐あとの祭り。手遅れ。
「残暑の桃湯(=アセモヲ防グ湯)―なるべし」〈滑・浮世風呂・二〉
㋑以前。過去。
「昔はものを思はざりけり。せんぐりせんぐり―が恋しうなる」〈鳩翁道話・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あしへん【足偏】

漢字の偏の一。「距」「跡」などの「足」の部分。あとへん。

あとへん【足偏】

足偏あしへん」に同じ。
〔「跡あと」の字が足偏であることから〕
事のすんだあと。手遅れ。 「何いうても-では返らぬ/浄瑠璃・天の網島
以前。過去。 「せんぐり〱-が恋しうなる/鳩翁道話」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

足偏の関連キーワードおどる部分漢字

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android