コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松永氏 まつながうじ

1件 の用語解説(松永氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

まつながうじ【松永氏】

戦国末期の武家。出自は阿波,山城西岡,摂津五百住などと諸説あるが,いずれも口碑の域を出ず未詳。しかし松永久秀の伯祖母妙精が播磨出身であることはほぼ確実。1533‐34年(天文2‐3)ころ久秀は三好長慶(ながよし)の右筆となり,42年には武将として南山城に進駐。弟の長頼は軍事的才幹に恵まれ,49年長慶の入京に伴って山科,大津方面の抑えを任され,53年には丹波八木城を陥れて丹波一国の支配を任され,守護代内藤家を継承した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

松永氏の関連キーワード西岡宜軒阿波縮歓声城西武家方武家屋敷武家造末期乳忠津則清西岡与兵衛

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松永氏の関連情報