コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

跡職 あとしき

1件 の用語解説(跡職の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

跡職
あとしき

「跡式」「跡目 (あとめ) 」ともいう。鎌倉時代には相続されるべき財産を跡職といい,当時は分割相続であったので惣領の相続する家督と財産,庶子の相続する財産をさしたが,室町時代,長子単独相続制 (→嫡子単独相続 ) になるとその内容は,家督と長子に集中する財産との総体をいうようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の跡職の言及

【跡目】より

…中世においては,遺産のことを跡職(跡式)(あとしき)と称したが,近世には跡目という語も用いられた。相続の対象となる遺産だけでなく,その相続者をも跡目と呼ぶこともある(たとえば,〈跡目が絶える〉〈跡目を立てる〉など)。…

※「跡職」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone