コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

跡式/跡職 アトシキ

デジタル大辞泉の解説

あと‐しき【跡式/跡職】

《鎌倉時代以後の語。「後職(あとしき)」の意から》先代の家督財産を相続すること。また、その家督・財産。跡目

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の跡式/跡職の言及

【跡目】より

…中世においては,遺産のことを跡職(跡式)(あとしき)と称したが,近世には跡目という語も用いられた。相続の対象となる遺産だけでなく,その相続者をも跡目と呼ぶこともある(たとえば,〈跡目が絶える〉〈跡目を立てる〉など)。…

※「跡式/跡職」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

跡式/跡職の関連キーワード板倉氏新式目山岡浚明跡目相続跡職

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android