安西冬衛(読み)あんざいふゆえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安西冬衛
あんざいふゆえ

[生]1898.3.9. 奈良
[没]1965.8.24. 高槻
詩人。大阪府立堺中学校卒業。『詩と詩論』に参加,短詩や新散文詩などに独自の心象を展開し,詩的アバンギャルドとして現代詩の発展に寄与した。代表詩集軍艦茉莉 (まり) 』 (1929) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

安西冬衛【あんざいふゆえ】

詩人。奈良県生れ。堺中学卒。1919年大連に渡り,以後15年間大陸に在住。1921年右膝関節炎のため右脚切断,療養中に詩作を開始した。1924年北川冬彦らと《亜》を創刊,1928年《詩と詩論》創刊同人。1929年,第1詩集《軍艦茉莉(まり)》を刊行,〈てふてふが一匹韃靼海峡を渡つて行つた。〉(《春》)など,新鮮な短詩とロマネスクな散文詩が高く評価された。以降,エロティシズムと諧謔をちりばめた詩境をひらき,現代詩に大きな影響を与えた。詩集は他に《亜細亜鹹湖(かんこ)》《座せる闘牛士》など。1966年生前の詩業に対して歴程賞授与。《安西冬衛全詩集》《安西冬衛全集》全11巻がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安西冬衛 あんざい-ふゆえ

1898-1965 大正-昭和時代の詩人。
明治31年3月9日生まれ。大正13年大連で北川冬彦らと詩誌「亜」を創刊。昭和3年創刊の「詩と詩論」の同人となり,新詩精神運動(エスプリ-ヌーボー)を推進した。4年第1詩集「軍艦茉莉(まり)」を刊行。戦後,「日本未来派」「現代詩」などの同人。昭和40年8月24日死去。67歳。翌年歴程賞がおくられた。67奈良県出身。堺(さかい)中学卒。本名は勝。
【格言など】てふてふが一匹韃靼(だつたん)海峡を渡つて行つた(「軍艦茉莉」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あんざいふゆえ【安西冬衛】

1898‐1965(明治31‐昭和40)
詩人。奈良市生れ。本名勝。堺中学卒業。1920年,赴任先の父に招かれ満州大連市へ渡る。翌年右膝関節炎のため脚を切断。その後詩作に入り,24年大連で北川冬彦らと詩誌《亜》を創刊し短詩・散文詩を発表,文字形象によるイメージの審美的世界を開示した。28年創刊の詩誌《詩と詩論》に参加,翌年《軍艦茉莉(まり)》,33年《亜細亜の鹹湖(かんこ)》《渇ける神》などの詩集を刊行。その地理的好尚に富んだ知的マゾヒズムに彩られた詩風は,新精神詩運動の中核として異彩を放った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あんざいふゆえ【安西冬衛】

1898~1965) 詩人。奈良市生まれ。本名、勝。「詩と詩論」同人として、新散文詩運動を展開、特異な想像世界を築いた。詩集「軍艦茉莉」「座せる闘牛士」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安西冬衛
あんざいふゆえ
(1898―1965)

詩人。奈良市に生まれる。堺(さかい)中学卒業。のち、父に従い満州(中国東北)の大連(だいれん)に渡る。疾患による右足切断の不幸にあったが、詩作を始め、北川冬彦、滝口武士(たけし)らと『亜(あ)』を創刊(1924.11)した。『詩と詩論』にも参加し、昭和のモダニズム詩の有力な推進者の一人となった。第一詩集『軍艦茉莉(まり)』(1929)以下、『座せる闘牛士』(1949)まで6冊の詩集がある。初期の短詩運動時代の『春』と題する作は有名で、「てふてふが一匹韃靼(だったん)海峡を渡つて行つた。」というわずか一行で、広い空間のなかにゆったりとした「春」という季節をみごとにとらえきっている。[角田敏郎]
『『安西冬衛全詩集』(1966・思潮社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android