コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

待避 タイヒ

デジタル大辞泉の解説

たい‐ひ【待避】

[名](スル)
安全な場所などによけて、危険の過ぎるのを待つこと。「台風の通過を湾内で待避する」
列車通過するのを、他の列車が別の線路に入ってつこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいひ【待避】

( 名 ) スル
難をさけて、危険の去るのを一時別の場所に移って待つこと。 「離れて-する」
逆方向から来る列車またはその駅に止まらない列車の通過を、ほかの列車が別の線路に入って待つこと。 「 -線」 → 退避(補説欄)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

待避の関連キーワードハリファックス(カナダ)金日成(きんにっせい)ランディングゾーン日本の難民認定頴田島 一二郎噴石シェルター紛争待避機会シベリア鉄道ダイヤグラム昭和三陸津波ページアウトダッグアウトムカッラー小野佳菜恵ロールイン松尾摩智子駅(鉄道)磁気ドラムレフュジア線路容量

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

待避の関連情報