コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

待避 タイヒ

デジタル大辞泉の解説

たい‐ひ【待避】

[名](スル)
安全な場所などによけて、危険の過ぎるのを待つこと。「台風の通過を湾内で待避する」
列車通過するのを、他の列車が別の線路に入ってつこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいひ【待避】

( 名 ) スル
難をさけて、危険の去るのを一時別の場所に移って待つこと。 「離れて-する」
逆方向から来る列車またはその駅に止まらない列車の通過を、ほかの列車が別の線路に入って待つこと。 「 -線」 → 退避(補説欄)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

待避の関連キーワードハリファックス(カナダ)金日成(きんにっせい)ランディングゾーン頴田島 一二郎噴石シェルター日本の難民認定紛争待避機会ダイヤグラムダッグアウト昭和三陸津波シベリア鉄道ページアウト磁気ドラムムカッラー松尾摩智子小野佳菜恵ロールインレフュジア駅(鉄道)時限爆弾

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

待避の関連情報