跼天蹐地(読み)キョクテンセキチ

  • ×跼天×蹐地

デジタル大辞泉の解説

《高い天の下でからだを縮め、厚い大地の上を抜き足で歩く意》肩身がせまく、世間に気兼ねしながら暮らすこと。ひどくつつしみ恐れること。跼蹐(きょくせき)。「跼天蹐地の心境」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (天に跼(せぐく)まり、地に蹐(ぬきあし)するの意) 高い天の下にも背をかがめ、固い地上にもそっと忍び足で歩くこと。非常につつしみおそれるさま、また、肩身がせまく世を恐れはばかって行動するさまをいう。跼蹐。
※文芸類纂(1878)〈榊原芳野編〉三「跼天蹐地して一言を吐くにも」 〔陸機‐謝平原内史表〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

高い天の下にもをかがめ、固い地上にもそっと忍び足で歩くこと。非常につつしみおそれるさま、また、肩身がせまく世を恐れはばかって行動するさまをいう。

[使用例] のちそのをのがれて四方に流寓し、天蹐地艱険酸辛、名状すべからざるの間に数十巻の著訳を出し[藤田茂吉*文明東漸史|1884]

[解説] 「跼」は身をかがめる、ちぢこまること。「蹐」はぬきあしで音を立てずに歩くこと。「天にせぐくまり、地にぬきあしする」と読み下します。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android