跼天蹐地(読み)キョクテンセキチ

デジタル大辞泉の解説

きょくてん‐せきち【×跼天×蹐地】

《高い天の下でからだを縮め、厚い大地の上を抜き足で歩く意》肩身がせまく、世間に気兼ねしながら暮らすこと。ひどくつつしみ恐れること。跼蹐(きょくせき)。「跼天蹐地の心境」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょくてんせきち【跼天蹐地】

〔「詩経小雅、正月」より。天は高いにもかかわらず背をこごめ、地は厚いのに抜き足をするの意〕
おそれかしこまって、体を前にかがめ抜き足で歩くこと。
身の置き所もない思いで肩身も狭く世の中に暮らすこと。 → 跼蹐きよくせき

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android