蹂躙・蹂躪(読み)じゅうりん

大辞林 第三版の解説

じゅうりん【蹂躙・蹂躪】

( 名 ) スル
ふみにじること。暴力や権力によって他の権利を侵したり、社会の秩序を乱したりすること。 「人権-」 「隣国の領土を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅう‐りん ジウ‥【蹂躙・蹂躪】

〘名〙
① ふみにじること。踏みつけること。暴威、暴力、強権をもって他を犯すこと。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※太平記(14C後)三九「打擲(ちゃうちゃく)蹂躙(ジウリン)する者をも却って敬礼し給き」 〔漢書‐王商伝〕
② 布などを強い力でもみほぐすこと。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉二「而後に『ロール』の輪に挟み、冷水を灌ぎて其質を蹂躙すれば、爛破して襤褸の如し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android