蹌踉う(読み)ヨロボウ

デジタル大辞泉「蹌踉う」の解説

よろぼ・う〔よろぼふ〕【蹌踉う/蹣跚う】

[動ワ五(ハ四)]《古くは「よろほう」》
よろよろと歩く。よろめく。
「―・い―・い座敷の方に行って見ると」〈蘆花思出の記
倒れかかる。くずれる。
「中門のいといたうゆがみ―・ひて」〈末摘花

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android