コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蹴う クウ

2件 の用語解説(蹴うの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

く・う【蹴う】

[動ワ下二]蹴(け)る」の古形。
「―・ゑ散(はらら)かす」〈神代紀・上〉
[補説]「馬の子や牛の子にくゑさせてん」〈梁塵秘抄・二〉、「蹴 化ル」〈類聚名義抄〉などの例から、平安末期には下二段活用が下一段化していたかと思われる。また、同じ下一段活用でもクヮ行下一段「くる」で、のちに直音化して「ける」になり、カ行下一段となったとする説もある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くう【蹴う】

( 動下二 )
「ける(蹴)」の古形。 「沫雪の若ごとくし以て-・ゑ散はららかし/日本書紀 神代上訓注」 「 毱 - ・うる侶ともがらに預くわわりて/日本書紀 皇極訓」 → くえる(蹴)

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蹴うの関連キーワード植う舁き据う餓う蹴ゑる蹴ゆ据う飢う並め据う呼び据う

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone