コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蹴る ケル

4件 の用語解説(蹴るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

け・る【蹴る】

[動ラ五(四)]
足で勢いよく突く。また、足にはずみをつけるようにして突いて飛ばす。「馬に―・られる」「ボールを―・る」
足で地面などを強く押す。「床を―・って高くジャンプする」「水を―・って泳ぐ」
(「席をける」の形で)怒って荒々しくその場を立ち去る。「裁定を不満とし、席を―・って退場する」
要求・提案などを受け入れないで、きっぱり断る。はねつける。拒絶する。「組合の要求を―・る」「与えられた役を―・る」
[補説]下一段の「ける」が江戸時代後半から四段に活用するようになったもの。しかし、現代語でも「け散らす」「け飛ばす」などの複合語には下一段活用が残存しており、命令形も「けれ」のほか「けろ」も用いられる。
[可能]けれる

ける【蹴る】

[動カ下一]五(四)段活用「け(蹴)る」に同じ。
「その男が尻鼻、血落(あ)ゆばかり必ず給へ」〈宇治拾遺・二〉
[補説]本来は、ワ行下二段の「くう」か。またはクヮ行下一段の「くる」とする考えもある。最初は語形が「ける」「くる」「くゆ」「こゆ」のようにいろいろで揺れていたが、しだいにカ行下一段活用として活用形が整備されてくる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ける【蹴る】

( 動下一 )
〔中古以降の語〕
ける(蹴) 」 ( 動五[四] ) に同じ。 「只今の太政大臣の尻はけるとも、此の殿の牛飼にも触れてむや/落窪 2」 「雲林院にて鞠をられけるに/著聞 6」 「まりこ川ければぞ浪はあがりけり/去来抄」 〔「蹴る」の意の語には、古く「くう(ワ行下二段)」「くゑる(ワ行下一段)」「くゆ(ヤ行下二段)」「こゆ(ヤ行下二段)」などが見られる〕

ける【蹴る】

( 動五[四] )
〔下一段動詞「ける(蹴)」の四段化。近世江戸語以降の語〕
足の先で強く突いて、物を遠くへやる。また、はねとばす。 「馬に-・られる」 「ボールを-・る」
(地面を)強く踏む。 「大地を-・って進む」
(「席をける」の形で)荒々しくその場を去る。 「憤然として席を-・って立つ」
相手の要求・申し入れ・提案などを強く拒絶する。はねつける。 「先方の要求を-・る」 「そのおのれが根性をなぜ-・らぬ/浄瑠璃・紙屋治兵衛」 〔もと下一段活用であったので、「けたおす(蹴倒す)」「けちらす(蹴散らす)」など複合語には「け…」という形もあり、命令形には「けれ」と並んで「けろ」も使われることがある〕
[可能] けれる
[慣用] 踏んだり蹴ったり

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蹴るの関連キーワードぐさり叩き切る擘くどう突く引き毟る打っ手切る繰出すつんのめ・る飛掛る振り被る

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蹴るの関連情報