蹴立(読み)けたてる

精選版 日本国語大辞典「蹴立」の解説

け‐た・てる【蹴立】

〘他タ下一〙 けた・つ 〘他タ下二〙
① 蹴って、足に触れるものを立たせる。蹴って泥やほこりなどをたてる。
※延慶本平家(1309‐10)三本「馬車馳ちがひ、上下、騒り、京中塵灰にけたてられて」
② さかんに蹴る。蹴って追いたてる。
浄瑠璃・栬狩剣本地(1714)一「二三人同じ枕に切倒せば、四方へばっとむらむらの蹴立(ケタツ)る如くにて、跡をも見せず逃げ失(う)せけり」
③ 座席を蹴るようにして勢いよく立ち上がる。また、怒って荒々しくその場を立ち去る。
日葡辞書(1603‐04)「ザシキヲ qetatçuru(ケタツル)
または爪などを荒々しくさかだてる。
読本・椿説弓張月(1807‐11)続「その形容(ありさま)はじめに似ず、柳眉を蹴立(ケタツ)星眼尖く」
[補注]「蹴立てて」が「蹴立って」の形をとることもある。「畳を蹴立(ケダ)って、唐紙に手を掛け様とした途端」(河内屋〈広津柳浪〉七)、「垂水はこの席を蹴立って行くことを考へた」(弔花〈豊田三郎〉)など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android