土煙(読み)つちけむり

精選版 日本国語大辞典「土煙」の解説

つち‐けむり【土煙】

〘名〙 (「つちけぶり」とも) 土砂がまい上がってのように見えるもの。
浄瑠璃・井筒業平河内通(1720)怨霊振分髪「花を吹き捲くはやち風、を飛ばする土煙(ツチケフリ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「土煙」の解説

つち‐けむり【土煙】

土や砂が煙のように立ちのぼったもの。つちけぶり。「土煙を上げて車が走る」
[類語]砂煙黄塵ほこりごみ微塵綿埃砂埃土埃煤埃塵芥ちりあくた塵芥じんかい藻屑がらくたスクラップ生ごみ紙屑おが屑食べ滓茶殻

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android