蹴躓く(読み)ケツマズク

デジタル大辞泉の解説

け‐つまず・く〔‐つまづく〕【蹴×躓く】

[動カ五(四)]
足先を物にぶつけてよろける。「敷居に―・く」
中途で失敗する。やりそこなう。しくじる。「資金繰りが肝心なところで―・いた」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けつまずく【蹴躓く】

( 動五[四] )
足先が物に当たって前にのめる。つまずく。 「木の根っこに-・く」 「大門にて-・きて/宇治拾遺 7
障害にぶつかって、しくじる。失敗する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android