車両価額協定保険特約(読み)シャリョウカガクキョウテイホケントクヤク

デジタル大辞泉の解説

しゃりょうかがくきょうていほけん‐とくやく〔シヤリヤウカガクケフテイホケン‐〕【車両価額協定保険特約】

自動車保険における特約の一つ。被保険自動車と同一の用途・車種・車名および同程度の消耗度の車の市場販売価格相当額を車両保険金額とするもの。被保険自動車が損害を受けた場合には、車両保険金額を限度として保険金が支払われる。通常は車両保険を付ける場合に自動的に適用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

保険基礎用語集の解説

車両価額協定保険特約

自家用の普通乗用車、小型乗用車、軽四輪乗用車、小型貨物車および軽四輪貨物車について車両保険をつける場合に自動的に適用される特約を指します。契約締結時に契約者と保険会社との間で保険金額である車両価額を協定し、これに基づき実際に生じた損害額を、保険金額を限度として全額てん補しようとするものであす。

出典 みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android