軌道運動(読み)キドウウンドウ

デジタル大辞泉の解説

きどう‐うんどう〔キダウ‐〕【軌道運動】

物体が重力などの力を受け、ある軌道を描いて運動すること。太陽周囲をまわる惑星地球の周囲を周る月や人工衛星の運動を指す。地球と人工衛星のように、一方物体質量および空気抵抗を無視できるとき、地表上空のある点から物体を水平に発射すると、初速度が速くなるにつれて、その軌道は円軌道、楕円軌道、放物線軌道、双曲線軌道になる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android