コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巴文 ともえもん

防府市歴史用語集の解説

巴文

 弓をいるときに左手につける[とも]という防具をかたどった模様のことです。C字形をしており、勾玉[まがたま]に形が似ています。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ともえもん【巴文】

紋章の一種。巴は蕨(わらび)形の頭をもった流線円周に沿って流れる形で,その原形は水渦,雲文,雷文,あるいは火焰の便化したものともいわれる。中国はもちろん,中央アジア,スキタイなどの古銅器や瓦などにも古くからこの文様が用いられている。家紋として用いたのは,公家では西園寺家武家では宇都宮,小山,結城氏にはじまるという。鎌倉時代以後は武家の間でこの紋を用いるものが多く,江戸時代に入っては300以上に及んだという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

巴文の関連キーワード中川 芳太郎巴(模様)パスパ文字麗江旧市街玉泉公園山田 貢山代巴軒丸瓦紋章

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android