コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軻比能 かひのう Ke-bi-neng; K`o-pi-nêng

1件 の用語解説(軻比能の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軻比能
かひのう
Ke-bi-neng; K`o-pi-nêng

[生]?
[没]235
鮮卑の君主。檀石槐の死後,分裂した鮮卑を統一し,後漢末の騒乱を避けて亡命した多数の漢人を受入れて勢力を拡大。チャハルおよび山西北部を支配下においたが,魏の刺客に殺された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

軻比能の関連キーワード階乗NエヌN末端残基de Thou,N.Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Jānībeg KhānJānībek KhānPoliteia tōn Romaiōn

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone