コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輪ゴム ワゴム

3件 の用語解説(輪ゴムの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

わ‐ゴム【輪ゴム】

輪状のゴムバンド。ものを束ねたり、包装したりするのに用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

わゴム【輪ゴム】

書類を束ねたり包みの口を押さえておくゴムの輪。ゴムバンドrubber bandともいう。1845年,ロンドンのゴム業者S.ペリーが考案し,書類や手紙の整理用として製造しはじめたといわれる。ペリーの製品は日本へも輸入され,それまでのこよりに代わって銀行で紙幣を束ねるのに使われた。1923年,自転車チューブの製造会社が輪ゴムの国産を開始した。最近は各種の粘着テープや袋の口を閉じるクリップの発達で,輪ゴムの用途はせばまりつつある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

わゴム【輪ゴム】

輪になった細いゴム。物を束ねたり包装紙などをとめるのに使う。ゴムわ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

輪ゴムの関連キーワード勘所を押さえる首根っ子を押さえる篠を束ねる目頭を押さえる押え木押え込む押え所財布の尻を押さえる差しつ押さえつ

輪ゴムの関連情報