コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輪ゴム ワゴム

デジタル大辞泉の解説

わ‐ゴム【輪ゴム】

輪状のゴムバンド。ものを束ねたり、包装したりするのに用いる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

わゴム【輪ゴム】

書類を束ねたり包みの口を押さえておくゴムの。ゴムバンドrubber bandともいう。1845年,ロンドンのゴム業者S.ペリーが考案し,書類や手紙の整理用として製造しはじめたといわれる。ペリーの製品は日本へも輸入され,それまでのこよりに代わって銀行で紙幣を束ねるのに使われた。1923年,自転車チューブの製造会社が輪ゴムの国産を開始した。最近は各種の粘着テープや袋の口を閉じるクリップの発達で,輪ゴムの用途はせばまりつつある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

わゴム【輪ゴム】

輪になった細いゴム。物を束ねたり包装紙などをとめるのに使う。ゴムわ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

輪ゴムの関連キーワード症状によって手術を行なうわごむパターンボード食道静脈瘤超ひも理論伝染性紅斑ニチリンゴム輪包装紙M理論輪状共和痔核氷嚢魚拓

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

輪ゴムの関連情報