コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輪環面 リンカンメン

3件 の用語解説(輪環面の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りんかん‐めん〔リンクワン‐〕【輪環面】

円環面

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

りんかんめん【輪環面】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

輪環面
りんかんめん
torus

矩形(くけい)ABCDの外周に図Aのように矢印で向きをつけておく。まずABとDCの横の対辺を矢印が反対になるように貼(は)り合わせて円柱をつくり、次に円柱の上下端の円周の向きが反対になるように貼り合わせてできる図形が輪環面であり、トーラスともよばれる。
 輪環面は図Bのように一つの円周の周りを他の円周を回転させてできる図形ともみられるので、円周2個の直積空間S1×S1と考えられる。この円周のかわりに円板を第一の円周の周りに回転させると、輪環体ができる。輪環面はこの輪環体の表面(境界)となっている。球体に次いで、代表的な可符号な閉曲面(二次元閉多様体)である。[野口 廣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の輪環面の言及

【トーラス】より

…円の周をそれを含む平面上にあってそれと共通点をもたない直線のまわりに1回転したときできる曲面をトーラスという(図1)。トーラスはまた輪環面とも円環面とも呼ばれる。円の半径がrで,円の中心から回転軸までの距離がdであれば,トーラスの表面積は2πr×2πdで,トーラスで囲まれた空間の部分の体積はπr2×2πdである。…

※「輪環面」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

輪環面の関連キーワードトーラス円環円環面円筒円壔応挙砂岩管慈威和尚真政普門(2)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone