農人形(読み)ノウニンギョウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

農人形
のうにんぎょう

茨城県水戸市の郷土玩具(がんぐ)。笠(かさ)を裏返しに持った農夫が、座っている像のかたわらに稲束を置いたもので、無彩色の木彫りと黒い土製のものとがある。幕末の水戸藩主徳川斉昭(なりあき)は、藩政の改革の際、農本主義を唱え、農人形をつくらせて、食事の際には人形の笠の中に一飯を供えてから箸(はし)をとったという。農人形は、その遺徳をしのんで生まれたもので、明治末期からつくられた。

[斎藤良輔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

のう‐にんぎょう ‥ニンギャウ【農人形】

〘名〙 茨城県水戸市の郷土玩具。幕末の水戸藩主徳川斉昭が農民と五穀に感謝する心から農民の像を作り、食膳に置いたという故事により明治末に作られた偕楽焼農人形が始まり。土製、木彫りの二種がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報