コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農業保護政策 のうぎょうほごせいさく

2件 の用語解説(農業保護政策の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農業保護政策
のうぎょうほごせいさく

農業の保護・育成を目的とした政策の総称。食糧の安定した需給,農業と他産業との所得均衡をはかることなどを理由としている。政策手段は,輸入調整措置 (数量制限,関税,輸入課徴金など) ,国内価格支持制度 (価格安定制度,不足払い制度など) ,生産政策 (生産補助金,融資,研究開発など) ,構造政策 (土地改良経営規模の拡大など) や福祉政策,環境政策など多岐にわたる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

農業保護政策

 農業と他産業との均等をはかり,農業の相対的地位の低下を保護する政策をいう.代表的なものに食糧管理制度に基づく米価対策,農産物貿易政策による輸入制限措置などがある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農業保護政策の関連キーワード水道法中小企業投資育成株式会社保護関税関税政策国際自然保護連合農業公社プルーデンス政策保険監督法保護林制度牧草地経営体

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

農業保護政策の関連情報