コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辻仁成 ツジヒトナリ

デジタル大辞泉の解説

つじ‐ひとなり【辻仁成】

[1959~ ]小説家・映画監督・音楽家。東京の生まれ。昭和60年(1985)ロックバンドのボーカリストとしてデビュー。同時に執筆活動も始める。バンド解散後は作家活動に力を入れ、「海峡の光」で芥川賞受賞。映画の原作・脚本・監督を務めるなど幅広く活躍。音楽家・監督としては名を「じんせい」と読む。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

辻仁成 つじ-ひとなり

1959- 昭和後期-平成時代のミュージシャン,小説家。
昭和34年10月4日生まれ。昭和56年ロックバンド「エコーズ」を結成,ボーカリストとしてデビュー。また作詞・作曲,映画の監督など多彩な活動を展開。小説も手がけ,平成元年「ピアニシモ」ですばる文学賞,9年「海峡の光」で芥川賞。11年「白仏(しろぼとけ)」で日本人としてはじめてフランスのフェミナ賞をうけた。14年女優の中山美穂と結婚(26年離婚)。19年京都造形芸大教授。東京都出身。成城大中退。著作はほかに「ピアニシモ・ピアニシモ」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

辻仁成の関連キーワードOPEN HOUSE川村 カオリ愛をくださいイ ジェハン高橋フムミ嫉妬の香り孔 枝泳森村泰昌根岸季衣ZOO

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

辻仁成の関連情報