辻仁成(読み)ツジヒトナリ

デジタル大辞泉の解説

つじ‐ひとなり【辻仁成】

[1959~ ]小説家・映画監督・音楽家。東京の生まれ。昭和60年(1985)ロックバンドのボーカリストとしてデビュー。同時に執筆活動も始める。バンド解散後は作家活動に力を入れ、「海峡の光」で芥川賞受賞。映画の原作・脚本・監督を務めるなど幅広く活躍。音楽家・監督としては名を「じんせい」と読む。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

辻仁成 つじ-ひとなり

1959- 昭和後期-平成時代のミュージシャン,小説家。
昭和34年10月4日生まれ。昭和56年ロックバンド「エコーズ」を結成,ボーカリストとしてデビュー。また作詞・作曲,映画の監督など多彩な活動を展開。小説も手がけ,平成元年「ピアニシモ」ですばる文学賞,9年「海峡の光」で芥川賞。11年「白仏(しろぼとけ)」で日本人としてはじめてフランスのフェミナ賞をうけた。14年女優の中山美穂と結婚(26年離婚)。19年京都造形芸大教授。東京都出身。成城大中退。著作はほかに「ピアニシモ・ピアニシモ」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

辻仁成の関連情報