コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野武夫 おのたけお

3件 の用語解説(小野武夫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小野武夫
おのたけお

[生]1883.8. 大分,百枝
[没]1949.6.
歴史家,農学博士。 1906年上京,苦学の末,26年法政大学経済学部講師となり,のち教授,学部長,理事を歴任,この間社会経済史学会の創立に参加し,農業経済史の研究,農村青年の教育にあたる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野武夫 おの-たけお

1883-1949 大正-昭和時代の農学者。
明治16年8月3日生まれ。農商務省につとめ,永小作慣行を調査し,大正13年「永小作論」をあらわす。社会経済史学会の創立に参加し,昭和6年法大教授。農村問題から農業史まで,幅ひろい分野の研究をおこなった。昭和24年6月5日死去。67歳。大分県出身。法大卒。著作に「徳川時代農家経済」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おのたけお【小野武夫】

1883‐1949(明治16‐昭和24)
実証的な農民経済史家。大分県生れ。1901年大分県立農学校を卒業して代用教員となり,日露戦争に従軍。06年に上京して,農商務省に勤め,夜間の法政大専門部政治学科を卒業。帝国農会などに勤務しながら,小作問題の歴史的研究に没頭した。《本邦永小作慣行》(1915)などの成果をあげ,郷士制度の実証的研究を行った。25年に東京商大の講師となって以降,法政大,東大などで教え,昭和期には近世・近代農業史の基礎を築いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小野武夫の関連キーワード経済史国民経済羽原又吉実証的大分県大分市賀来大分県大分市国分大分県大分市里大分県大分市横尾黒正巌古島敏雄

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone