コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野武夫 おのたけお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小野武夫
おのたけお

[生]1883.8. 大分,百枝
[没]1949.6.
歴史家,農学博士。 1906年上京,苦学の末,26年法政大学経済学部講師となり,のち教授,学部長,理事を歴任,この間社会経済史学会創立に参加し,農業経済史の研究,農村青年の教育にあたる。主著『日本村落史概説』 (1936) ,『日本兵農史論』 (38) 。ほかに『近世地方経済史料』 (31~32) ,『日本農民史料聚粋』 (41,未完) などの編書がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野武夫 おの-たけお

1883-1949 大正-昭和時代の農学者。
明治16年8月3日生まれ。農商務省につとめ,永小作慣行を調査し,大正13年「永小作論」をあらわす。社会経済史学会の創立に参加し,昭和6年法大教授。農村問題から農業史まで,幅ひろい分野の研究をおこなった。昭和24年6月5日死去。67歳。大分県出身。法大卒。著作に「徳川時代農家経済」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おのたけお【小野武夫】

1883‐1949(明治16‐昭和24)
実証的な農民経済史家。大分県生れ。1901年大分県立農学校を卒業して代用教員となり,日露戦争に従軍。06年に上京して,農商務省に勤め,夜間の法政大専門部政治学科を卒業。帝国農会などに勤務しながら,小作問題の歴史的研究に没頭した。《本邦永小作慣行》(1915)などの成果をあげ,郷士制度の実証的研究を行った。25年に東京商大の講師となって以降,法政大,東大などで教え,昭和期には近世・近代農業史の基礎を築いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小野武夫の関連キーワード根本五左衛門戸谷 敏之王丸彦四郎百姓一揆多田加助益田素平大西伍一昭和時代戸谷敏之会津農書地方書歴史家

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android