コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近松八十翁 ちかまつ やそおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近松八十翁 ちかまつ-やそおう

?-1880ごろ 江戸後期-明治時代の歌舞伎作者。
近松加造らに師事。京坂の芝居で「けいせい曾我譚(そがものがたり)」などを合作し,嘉永(かえい)から明治のはじめには清水賞七とともに上方の二大作者として注目された。明治13年ごろ死去。前名に嶺琴八十助(みねごと-やそすけ),4代奈河七五三助(ながわ-しめすけ)など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

近松八十翁の関連キーワード奈河七五三助(4代)並木正三(3代)明治時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android