コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近江のお金 おうみの おかね

2件 の用語解説(近江のお金の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近江のお金 おうみの-おかね

?-? 鎌倉時代の遊女。
近江(滋賀県)海津の人。怪力で知られ,「古今著聞集」によれば,5本の指で一度に5張の弓に弦をはったという。浄瑠璃(じょうるり)物の「晒女(さらしめ)」は,お金の怪力を主題とした所作事である。名はお兼ともかく。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おうみのおかね【近江のお金】

〈お兼〉とも書く。鎌倉時代の初め,近江国海津にいたという遊女で,大力無双であったと伝える。《古今著聞集》に,物に驚き狂い走る馬の差縄を高下駄で踏み,これを留めたところ,その足駄は足首まで砂に埋まった。また手をさし出し5本の指1本ずつで弓を張り,一度に5張を張ってみせたほどで,大の男が5,6人かかってもその怪力にはかなわなかった,との記述がみえる。1813年(文化10)6月江戸森田座初演の《茲(またここに)姿八景》(通称《晒女(さらしめ)》《お兼》)は近江八景になぞらえた八変化舞踊で,近江のお兼はその中の一役,独立して演じられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の近江のお金の言及

【晒女】より

…歌舞伎舞踊。長唄,常磐津。《近江のお兼》《団十郎娘》ともいう。1813年(文化10)6月江戸森田座で7世市川団十郎により初演された。八変化《閏茲姿八景(またここにすがたのはつけい)》の一。作詞2世桜田治助。作曲3世岸沢古式部,4世杵屋六三郎。振付藤間勘十郎(3世藤間勘兵衛)。琵琶湖の近くに住む大力娘があばれ馬をとりしずめたという伝説によったもの。馬の手綱をふまえての踊りに始まり,船頭とのからみ,布ざらしなどをみせる。…

※「近江のお金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone