近流(読み)コンル

精選版 日本国語大辞典の解説

こん‐る【近流】

〘名〙 (「こん」「る」はそれぞれ「近」「流」の呉音) 令制での近国への流罪。神亀元年(七二四)に定められ、延喜式に継承された。越前、安芸への配流がこれにあたる。→遠流(おんる)中流(ちゅうる)
※延喜式(927)二九「凡流移人者、省定配所官、〈略〉越前〈三百一十五里〉、安芸等国〈四百九十里〉為近流
[補注]「続日本紀‐神亀元年三月庚申」に「定諸流配遠近之程。〈略〉越前・安芸為近」とある。

きん‐る【近流】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる