コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠流 おんる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遠流
おんる

律令制における刑の一種。中国法の「三千里」の制度を継受したもの。その配は,神亀1 (724) 年の格によって,伊豆,安房,常陸,佐渡,隠岐,土佐の6国と定められている。流の実例は奈良,平安時代を通じて少くなく,特に平安期以降,死刑囚をすべて遠流に減刑する慣行が生じたために,その数が著しく増大している。鎌倉期にいたって,遠流は朝廷法,武家法の双方に採用され,その配流地には夷島などが加えられた。武家法においては,この刑は,「所帯なき」武士に,所領没収に代えて科されるものであって,この点に式目系の法の特徴が見出される。戦国期以降,継受法である遠流は,その姿を消し,代って固有法系に属する遠島が行われるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えん‐る〔ヱン‐〕【遠流】

おんる(遠流)

おん‐る〔ヲン‐〕【遠流】

古代のに定めた三流(さんる)の一。流罪(るざい)のうち最も重いもの。平安時代には、伊豆安房(あわ)常陸(ひたち)佐渡隠岐(おき)土佐など、都を遠く離れた土地に流した。えんる。→近流(こんる)中流(ちゅうる)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おんる【遠流】

律令制の三流さんるの一。流罪のうち最も重い刑。延喜式では伊豆・安房・佐渡・隠岐・土佐などへの配流。 → 近流こんる中流ちゆうる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遠流
おんる

古代の律(りつ)に定める流刑(るけい)のうち、もっとも重いもの。中流(ちゅうる)・近流(こんる)に比し京からの距離がもっとも遠く、『延喜式(えんぎしき)』では伊豆、安房(あわ)、常陸(ひたち)、佐渡、隠岐(おき)、土佐などが刑地とされた。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

遠流の関連キーワード氷上志計志麻呂善愷訴訟事件謀書・謀判応天門の変海士[町]県犬養姉女不返の流罪藤原近成韓国広足猪熊事件伊達宗城氷上川継中野能成建部大社荒木元清緒方惟義ひたち延喜式佐渡市佐渡国

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遠流の関連情報