コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光物性 こうぶっせい optical property of material

3件 の用語解説(光物性の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光物性
こうぶっせい
optical property of material

光と物質の相互作用を研究する物性物理学の一分野。物質の電子状態の解明を主目的としている。赤外線から軟X線に及ぶ放射線による物質の吸収,反射,散乱,ケイ光,リン光,電子放射のスペクトルなどを分光学的手法によって調べる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

光物性
ひかりぶっせい

「光物性 (こうぶっせい)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

光物性
ひかりぶっせい
optical physics

電磁波である光と物質との相互作用を研究する物理学の学問分野。古来、光をレンズプリズムに通すことや鏡に反射させることなどにより、光と物質の性質が研究されてきた。とくに光の波長による屈折率の変化などの分散関係の研究が発達している。1960年ころ、量子力学による光および物質の性質への理解が進み、かつ、レーザーなどの強力な光源が登場したことにより、第二高調波のような非線形な現象が多く発見された。そのなかでも、光と電場による電気光学効果、光と磁場による磁気光学効果などの研究が大きな成果をあげている。最近はテラヘルツ(1THz=1012Hz)領域での光物性研究が盛んである。[山本将史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

光物性の関連キーワード核物理学原子核物理学相互作用光検出器物性物理学物性論薬理学海洋物理学原子物理学中嶋貞雄

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

光物性の関連情報