近藤正慎(読み)こんどう しょうしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近藤正慎 こんどう-しょうしん

1816-1858 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文化13年2月生まれ。京都清水寺成就院で出家。同院住持月照の影響をうけ,活動をともにする。安政大獄に連座し,拷問(ごうもん)に屈せず,安政5年10月23日獄中で自殺した。43歳。丹波桑田郡(京都府)出身。本姓は栗山。名は義重。通称は仲。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android