コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近藤正慎(読み)こんどう しょうしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近藤正慎 こんどう-しょうしん

1816-1858 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文化13年2月生まれ。京都清水寺成就院で出家。同院住持月照の影響をうけ,活動をともにする。安政大獄に連座し,拷問(ごうもん)に屈せず,安政5年10月23日獄中で自殺した。43歳。丹波桑田郡(京都府)出身。本姓は栗山。名は義重。通称は仲。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

近藤正慎の関連情報