コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近藤洋逸 こんどう よういつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近藤洋逸 こんどう-よういつ

1911-1979 昭和時代の科学史家。
明治44年3月30日生まれ。昭和高商教授,六高教授をへて,昭和27年岡山大教授となる。戸坂潤(とさか-じゅん)の影響をうけ,数理哲学,数学をまなぶ。数学史や近代科学思想史の研究で知られた。昭和54年5月22日死去。68歳。岡山県出身。京都帝大卒。著作に「幾何学(きかがく)思想史」「デカルトの自然像」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こんどうよういつ【近藤洋逸】

1911~1979) 科学史家・数学史家。岡山県生まれ。岡山大教授。戦後日本の科学史・数学史研究で画期的な業績をあげた。主著に「幾何学思想史」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

近藤洋逸の関連キーワード近藤 洋逸昭和時代業績主著

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android