コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近藤洋逸 こんどう よういつ

2件 の用語解説(近藤洋逸の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近藤洋逸 こんどう-よういつ

1911-1979 昭和時代の科学史家。
明治44年3月30日生まれ。昭和高商教授,六高教授をへて,昭和27年岡山大教授となる。戸坂潤(とさか-じゅん)の影響をうけ,数理哲学,数学をまなぶ。数学史や近代科学思想史の研究で知られた。昭和54年5月22日死去。68歳。岡山県出身。京都帝大卒。著作に「幾何学(きかがく)思想史」「デカルトの自然像」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

こんどうよういつ【近藤洋逸】

1911~1979) 科学史家・数学史家。岡山県生まれ。岡山大教授。戦後日本の科学史・数学史研究で画期的な業績をあげた。主著に「幾何学思想史」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

近藤洋逸の関連キーワードタンヌリー藪内清青木靖三大沼正則菅井準一中山茂平田寛(1)広重徹矢島祐利湯浅光朝

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone